プレゼンテーションはアガリとの戦い

このページでは、プレゼンテーションとアガリの関係について解説しています。

プレゼンテーションを始める前に緊張した場合

sponsored link

プレゼンテーションの直前になると、どうしても緊張の度合いが増してきます。自分自身でも心臓の鼓動や体温の上昇を感じるようになってきます。こんな状態で、プレゼンを始めてしまうと、自分自身で何を話しているのか分けが分からなくなってしまいます。聞き手が偉い人達だとなお更です。こんなときは早く平常心に戻るための努力をしなければなりません。心臓の鼓動も体温の上昇も自分ではどうすることもできない状態ですが、呼吸だけは緊張していても調整できるはずです。プレゼンテーションの最中であっても大きくひとつ深呼吸してみましょう。ダメだったら力の入っている肩を軽く上下させもう一度深呼吸してみましょう。こうすると少しは、ましな状態に戻るはずです。


プレゼンテーションを演じるということ

緊張していると顔の表情も強張ってきます。上手なプレゼンターは、たとえ緊張してプレゼンテーションしていたとしても、表情から緊張を覚られないような素振りをしているはずです。緊張しっぱなしで最後までいったとしても、「えっ!緊張していたの?」と仲間から言われるような演技をしなければなりません。聞き手はあなたの声の調子や、目の動き、体の振るえなどから緊張の度合いを読み取ります。たとえ緊張していると感じても、声の調子と目の動き、体の振るえをコントロールできれば、あなた自身は聞き手を前に素晴らしいプレゼンテーションを演じることができるのです。

身の丈にあった言葉遣い

sponsored link

普段使い慣れていない言葉遣いでプレゼンテーションをやろうとすると、「間違ったらどうしよう」、「今の言葉遣いは適切か?」などと不安な気持ちになることが多いのではないでしょうか?これが『アガリ』の原因となるのです。この言葉遣いの不安を取り除くためには、できるだけ普段使い慣れた言葉遣いでプレゼンテーションすることが大切です。なぜなら緊張は、苦手な行動を起こすときに発生するものだからです。丁寧な言葉遣いも身の丈にあった範囲で使うようにするとよいでしょう。