プレゼンテーションと図解

このページではプレゼンテーションで図を用いることのメリットを解説します。

図解のメリット

sponsored link

プレゼンテーションの資料を作っていると説明したい内容を文章にするか、図で表すかで悩んだことはありませんか?私の場合、悩んだら図を用いることが多いです。図は文章に比べ余計な形容詞や、まわりくどい説明文などがカットされるために、シンプルで正確な情報を聞き手に伝えることができるからです。さらに文章表現より、図で表した資料のほうが印象に残りやすいメリットがあります。少し前はプレゼンテーションといえばOHPプロジェクターが最新機器でしたがで、OHPシートを手書きで作るため時間がかかっていました。最近はPCのソフトも充実し、素人でも簡単にグラフィカルな資料を作れるようになりました。


情報整理

日常生活の中で、図をもちいた資料を多く見ることができます。新聞記事や新聞広告、特に行政資料は幅広い年代を対象とするため、図を利用したわかりやすい資料づくりに力をいれているようです。聞き手が一目見て分かるような「構成と関係」にすることがポイントです。たとえば、『原因』、『結果』、『ポイント』などは複数ページにするより、1ページにまとめたほうがインパクトがあり効果的です。また、文章が多い資料と比較して、図を多く用いた資料は、読む必要がないので理解しやすい特徴があります。理解しやすいということは聞き手に伝達しやすいということでもあります。文章からキーワードを拾い上げる作業は、情報の洩れを防ぐとともに、作り手にとって情報整理を容易にするメリットがあるのです。

図で考える

sponsored link

文章がスラスラ書けるようになりたい。見栄えのするプレゼンテーション資料をつくりたい。それではどうしたらよいでしょうか?文章は考えをまとめたあとに書けば上手く書けるようになるのです。つまり、全体の設計図を仕上げてから書くということです。この全体の設計図を作るうえで便利なのが、図で物事を考えるということです。図で物事を考えると文章も書きやすくなるし、伝えるべき要点もハッキリするのでプレゼンテーションの資料も見やすく分かりやすいものになります。また、分かりやすくインパクトのある資料を作ることがプレゼンテーションを成功させるコツになるはずです。ビジネスマンには物事を論理的に捉え判断し行動しなければならないときが多々あります、こんなとき、図で物事を考えられると先を見通す力もついてきます。図で考えをまとめる力を身につけましょう。